柔道部について

 

柔道部沿革

気力/柔道部沿革明治16年の本学創立時に創部。部員も多く活気ある活動をしていた。 明治期には講道館正面にある嘉納治五郎師範の銅像建立の発起人の 一人でもある新井源水(九段)、小内刈から大内刈への連絡技、 「文鎮刈」の名手とうたわれた山本昇(八段)などの柔道家を輩出して いる。

29年からは100名にもなる参加者があった校内大会の「柔道部大會」 が開催された。大会は部員内同士の他に講道館、旧制一高、 明治義會中学校との試合も行われていた。また当事、講道館の重鎮であった横山作次郎、富田常次郎、永岡秀一 の各先生を招いての「形」の演技も行われるほどの大会でもあった。

明治後期から大正期にかけては獨協中学・旧制一高を通じての名選手も多く、旧制一高の柔道・剣道・野球・ ボートで活躍していた選手のほとんどが獨協出身であったように戦前の全盛期ともいえる時代だった。また、 私立開成中学・高校との定期戦も始まり、現在も両校の文化祭において盛大に行われている。大正期から昭和初期 には講道館少年部師範の田島鉄次郎先生が柔道部の指導をされた。

昭和に入り第二次世界大戦後の活動空白期間があったが、昭和27年に黒須銀吾先生(現八段)、 中本次雄先生(弐段)の尽力で活動を再開し今日に至っている。

 

現在の柔道部

勉強あってのクラブ活動であるという文武両道がクラブの基本方針です。練習への参加は強制でなく各自の自覚、自主性にゆだねられています。

部員の練習への出席状況は極めて良好です。部員間の信頼関係は厚く、「和」を 大切に互いに協力し、積極的に練習に取り組む雰囲気のあるクラブです。

具体的な目標は、区大会、ブロック大会などでベスト8以内、さらに都大会で力を試すことです。

文武両道ということから、定期的に部内での英語・数学の自習勉強会も実施するなど学習面でもバックアップし、 自覚を促しています。現在、成績も学年の上位に入る 生徒が多数在籍しています。

 

学校のコーチ制度

2021年度より元顧問の萩野 元祐先生が就任されました。

 

都大会上位入賞者

福澄弘晃    中量級 ベスト8 高校全国大会予選  昭和62年6月 7日
東海林寛之 78kg級 ベスト8 中学全国大会予選  平成 6年7月27日
濱上 望  66kg級 ベスト8 中学全国大会予選  平成12年7月27日

 

柔道部進学状況

(平成13年度卒業)
 上智大学理工学部
 神奈川大学工学部
 早稲田大学第二文学部
 上智大学経済学部
 大東文化大学経済学部

(平成14年度卒業)
 獨協医科大学・推薦
 東京大学理科1類

(平成15年度卒業)
 上智大学法学部
 東洋大学文学部
 立正大学地球環境学部

(平成16年度卒業)
 慶應義塾大学理工学部・推薦
 明海大学歯学部・推薦
 東海大学情報理工学部

(平成17年度卒業)
 一橋大学商学部
 日本大学商学部

(平成18年度卒業)
 青山学院大学理工学部
 東京工業大学第3類工学部
 星薬科大学薬学部
 千葉工業大学工学部
 獨協医科大学医学部・推薦
 日本大学芸術学部
 早稲田大学創造理工学部
 大正大学文学部
 明治大学
 日本歯科大学歯学部

(平成19年度卒業)
 日本大学歯学部
 拓殖大学商学部
 東海大学工学部
 明海大学歯学部・推薦
 順天堂大学スポーツ健康科学部

(平成20年度卒業)
 千葉工業大学工学部

(平成21年度卒業)
 獨協医科大学医学部(推薦)
 昭和薬科大学薬学部
 帝京大学経済学部
 琉球大学農学部

(平成22年度卒業)
 明星大学教育学部教科専門コース
 学習院大学文学部心理学科
 大正大学法学部

(平成23年度卒業)
 専修大学人間科学部社会学科
 玉川大学工学部マネジメントサイエンス学科

(平成24年度卒業)
 早稲田大学教育学部
 東京電機大学未来科学部
 防衛大学校人文社会学科専攻

(平成25年度卒業)
 学習院大学経済学部
 防衛大学校人文社会学科専攻 (2名)

(平成26年度卒業)
 高崎経済大学経済学部
 日本大学危機管理学部
 日本大学生産工学部

(平成27年度卒業)
 明治大学法学部

(平成28年度卒業)
 中央大学理工学部
 東京農業大学地域環境科学部
 明治大学法学部
 昭和大学薬学部
 日本大学松戸歯科大学
 新潟大学人文学部

(平成29年度卒業)
 慶応義塾大学商学部

(平成30年度卒業)
 和光大学表現学部総合文化学科

 

顧問プロフィール

香 山  淳 : 数学科教諭

日向野 泰彬 : 保健体育科教諭

 

柔道部沿革